肥満の女性
ダイエットが成功した女性

抗肥満薬の一種であるゼニカルは世界で多くの人に飲まれている肥満治療薬だと言うことができ、日本の肥満外来でも処方されることがある薬です。ゼニカルを服用すると食事の脂肪分を最大で30%カットしてくれるので、肥満を解消したいと考えている人のなかでも、食事制限することが苦手な人や油っこい食べ物が好きな人が多く利用しています。病院で処方されることも多いゼニカルですが、この肥満治療薬にはジェネリック薬も存在しているので、どちらでも購入することが可能です。ジェネリック薬の種類を紹介するので、ゼニカルではなくジェネリック薬を購入したいと考えている場合は参考にしてみると良いでしょう。

ゼニカルのジェネリック薬にどのようなものがあるか知る前に、まずはジェネリック薬に対する正しい知識を持つことが大切だと言えます。先発薬より安いものというイメージを持っている人が多いですが、安いということから効果がなさそう、安全性が心配だと感じている人も多いようです。しかし、ゼニカルのジェネリック品は先発薬をベースに開発が行われており、開発にかかるコストが少ないから安価な値段で販売することができています。ゼニカルと主成分が同じであること、効果が同等であるものでなければ認可されないので、認可されているものはどの種類であっても効果や安全性が保証されていると言うことができるでしょう。

ジェネリック品は決して危険なものでも効果が少ないものでもありませんので、ゼニカルのジェネリック品を安心して選択することができるはずです。具体的にどのような種類があるかと言うとオリベットやオリサット、オルリガルやビーファット、スリムトリムなどがあります。これらはすべてゼニカルと同じオーリスタットが主成分であり、主な成分が同じであることから作用や効果もほぼ同等だと言うことが可能です。ただし、それぞれの種類によって含まれている成分や添加物が微妙に違っています。どの医薬品に対しても言えることですが、成分の違いでアレルギー反応が起こることもあるので、自分に適しているものを選ぶことが大切だと言えるでしょう。

ゼニカルのジェネリック品として有名な薬はオベリットを始めとする5種類のものがありますが、いずれも先発薬と同じような効果を期待することができるでしょう。治療費を抑えたいなどの希望がある場合は、これらのようなジェネリック品の服用を検討してみることがおすすめだと言えます。